読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seafieldschool’s blog

ニュージーランドのオークランドにある語学学校Seafield School of English

ビザの問題?働くと学ぶを同時に実現するには・・・

もうワーキングホリデーが使えないんです・・・


 
ワーキングホリデーは既に使ってしまった。
もしくは年齢的にOVERしてもう使えない。


だから滞在はできても働く事ができない・・・。

昼間は働いているけど英語を使う環境にない。
生活に困らない程度に英語も身に付けたい・・・。
 
そもそも仕事を探したいけどなかなかうまくいっていない・・・。

そんな悩みがある人は必見です!


ワーキングホリデービザはご存知のように
30歳まで年齢の上限があるものの

学んだり、働いたり、旅行ができたりといった
とても便利なビザです。

 

特にニュージーランドの場合は

発給数に限りがないですし

(渡航費用の証明や健康状態など)条件を満たせば
誰でも渡航できるのでハードルはかなり低いです。

 

ただそんなワーキングホリデーで渡航してきたものの
思いの外このニュージーランドが気にいってしまい

 

「何とかもう少しこの国に残る方法はありませんか?」

 

と今まで何人の方に相談されたことでしょう?^^

 

この思いの外というのがポイント・・・

1年のつもりで来たのに残りたくなっちゃう人多いんですよね
ニュージーランド^^

 

そんな相談から過去にはこんな方法で残留して
そのまま永住権まで取得しちゃった人もいます。
 
(毎回擦っている記事ですので既読の人はすいません^^)

 

まぁこういうケースはなかなか稀で

まずはビザの問題をクリアしないというところが
一番最初のポイントになります。

 

彼女のように専門学校に通えれば通学中も週20時間まで
働けますし卒業後も1年は働くビザがもらえます。

 

(ざっくりと条件としてはレベル5&6の資格のコースなら
2年の通学、レベル7以上の資格なら1年以上の通学が必要になります
各コースごとの詳細は要お問合せ))

 

でもそこまで予算がなかったり、英語力が足りてなかった場合
この方法では難しいですね。

 

そういった場合にどうするか?

 

長い前置きですいません・・・。

 

働くと学ぶを同時に実現する方法とは?

 


結論としてはこれも多くの方が既に知っていると思いますが

 

カテゴリー1というNZQA認定で最高評価を受けた
語学学校の
フルタイムのコース(20時間以上)に
14週間以上通う事です。

 

そうすれば学校に通いながらも週20時間働くことが出来ます。

 

  • ワーキングホリデーが使えない人でも。
  • 今は何もビザを持っていない人でも。
  • 年齢に関係なく。
  • 英語力にも関係なく(以前はIELTS5.0必要だった)

週20時間ですから例えば平日は

午前9時から午後3時まで英語を学び

夕方6時から10時までレストランなどで
週5日くらい働くことが可能な訳です。

 

今の最低賃金(時給)が$15.25ですから1週間
20時間で$305、1か月で見ると$1200以上となります。

まぁ高騰するオークランドでも1人なら
なんとかやっていける額です。

 

なので何とか残りたいと思っている
もしくはもうワーキングホリデービザが取れないけど何とか渡航したい。

 

そんな人にはお勧めの方法です・・・・

 

この学校もこのカテゴリー1ですので

興味のある方はご連絡下さい^^


と・・・ここまでは色々な方もご存じな方法ですが


現在この学校は夜間コースもOPENしています。
 
つまり昼間に働いて夜に学校で英語を身に付けるという方法です。

 

既に仕事もあり現地で働いているけど

 

  • 業務を進めていく上で英語力の不足を感じる。
  • 業務で英語を使う機会がなくて生活するのに苦労している。

特に近年ご家族で渡航をされて

お子さんの(送り迎えなども含め)生活が中心になって
ご自身で学ぶ機会がなかなか取れなかった方には
良い機会だと思います。

 

基本的には学生ビザ(学ぶことが目的)に働ける権利が付随した形ですので
必ずしも働かないといけないということではございません。

 

学生ビザですからちゃんとコースには出席してもらわないと

ビザははく奪されてしまいます。
働く目的のためだけで取得できるものではありません。

 

ですが働ける環境にあるということはニュージーランドで
仕事を手に入れる上ではとても・とても重要です!!

 

今回リクルートメントの会社の人にも色々とお話を伺いましたが

「どんなに経験やSKILLがあっても今ここにいて働けるビザがある」

そういう人でないと仕事の紹介は出来ないと言われました。

 

それが週20時間という限られた時間であっても
あるとないのとでは0と100違うと言われました。

 

実際にTEMPやRELIAVERなど臨時で人手が欲しい所で
働いている内にその働きを認められて

ワークビザまで行くケースはあってもそれがない状態から
ビザのサポートをすることはほぼないに等しいとも・・・

 

ですので「働くことができる」状態に自分があること。

 

この事がまずはスタートラインになると思います。

 

そんな方たちに考えてもらいやすいように

OPEN記念は週$200~とかなり破格値でお届けします!!
 
詳しくはこちら

 

因みに英語を身に付けるだけでなく

普段DUKEがセミナーなどでやってきた

 

ニュージーランドの就職に関する内容を

かなり深く掘り下げて12週間(12時間)掛けて学び
実践して頂くワークショップを3:30から1時間づつやりますので

カリキュラム内容

 

こちらには昼間の学生さんも夜間の学生さんも
お時間のある方は自由にご参加頂けます。

 
あなたのニュージーランド生活応援します!!

 

お問合せ
duke@seafield.ac.nz
021-883-558

DUKE